マイク・ヘッドセット

[下書き]


簡潔に言うと、USBマイク(UBSヘッドセット)をオススメします。
なぜUSBマイクがオススメなのかは、単純にノイズが少なく・低価格で購入できるからです。
ロジクールのウェブカメラ(C270)も1,000円ほどで買えて高性能のマイクが使えるのでオススメです。


基本的にマイク・ヘッドセットは世代交代・生産終了のサイクルが短いので、その時のネットでの評判が良いものを買うといいです。
マイク・ヘッドセットは消耗品 なので最初は安い製品を買うのを勧めます、高い製品は保証が2年以上ついているものを買いましょう。

ただし、KTEを使用した配信でアマミキ!を使わない場合(ステレオミキサー使用)の場合はUBSマイク・UBSヘッドセットは使えません。
KTE+アマミキ! or OBSでの配信ならUSBマイク・UBSヘッドセットを使用することができます。


マイク端子に挿すタイプのプラグ式マイクだとどうしてもPC内のノイズも拾ってしまいます。
ノイズを少なくするにはサウンドカード(最安600円~ステレオミキサー搭載なら3500円くらい)を別途購入する必要があります。
つまり、ノイズを少なくしようと思ったらマイク(ヘッドセット)+サウンドカード代が必要です。
USBマイク(UBSヘッドセット)はそれ単体でノイズが少ない状態での録音が可能です。



マイクには大きく分けて 単一指向性 と、無指向性 (全指向性) があります。
できれば、配信には 単一指向性 のマイクをオススメします。
無指向性のマイクは、マイクが向いている方向以外の環境音やスピーカーの音を拾いやすいからです。
例えば夏場、ヘッドセットだと耳が蒸れる場合に首からヘッドセットをかけてマイクだけ使い、
配信者はゲーム音をPCスピーカーから聞くスタイルだと、スピーカーから流れるゲーム音が 無指向性のマイクだと拾われやすいです。
まぁ、多少拾ってもゲーム音で紛れるのでそこまで気にする必要はないです、できれば です。



具体的に自分が持っているUSBヘッドセットで、現在(2017/5)購入できるものだと、
エレコムの[HS-HP28UBK]が安くて(1,700円ほど)そこそこ音質もよく、マイクも聞き取りやすいですよ。
(ただし微ノイズが入ります、ゲーム音を流すと紛れますが)


マイク端子に挿すタイプのプラグ式マイクなら、ソニーの[ECM-PC60](2,500円ほど)がオススメです。
このマイクは価格の割に音質がよく、コンパクトで、なんとピンマイクとしても使えます。
配信だとピンマイクを服の首元につけて、スピーカーから音を聞くスタイルが楽でした。


マイク端子に挿すタイプのプラグ式マイクのヘッドセットは昔に壊れたのでよくわらからないです、ごめんなさい。
エレコムの[HS-HP22SV]みたいな安いヘッドセット(600円くらい)を首にかけて、音はスピーカーかお気に入りのヘッドホンで聴く
というのもアリだと思います。


※ヘッドセットは挿すところの形状を見てから買いましょう!
音声+マイクの2のプラグのタイプなのか、USBなのか、プラグなのに音声+マイクの2つが別れていない4極プラグか。
4極プラグは基本的にPCで使用することはできません、スマホ用です。
4極プラグをPCで使用するには変換器が必要です。注意しましょう。



【ウェブカメのマイクを使う】
実は筆者が初心者にオススメしたいマイクのひとつに、[LOGICOOL C270](1,080円ほど)があります。
ウェブカメラなので、映像と音声を撮るためにカメラとマイクの機能があります。

C270の良い所は、「安い」 「マイクが高性能」 「画質もそこそこいい」で
とくにマイクの音質・機能については、他のマイクでいうところの2000~3000円くらいの価値があります。

若干、音質のクリアさは低めですが、ノイズが少なく聞きやすい音質です。
そして集音性能がすばらしいです。
例えば、C270から1mほど離れたところでボソボソしゃべってもちゃんと声をひろってくれます。
スピーカーから音をだせばステレオミキサーが要らないくらいよく音を拾ってくれます(しかもちゃんと聞けるレベル)

もうひとつC270が凄いがノーマライズ機能です。
平たく言うと自動で音量を調整してゲーム音も声もどの音も平均化(ノーマライズ)して
音の大きい小さいの差が出ないようにしてくれる機能です、ロジクールの科学すごい!

ゲーム音をスピーカーから出力しての音質にあまりこだわらないのなら、
ゲーム音とマイクの音量調整等の面倒な作業がなくなるので、個人的に初心者にもオススメのマイク(ウェブカメ)です。
なによりウェブカメなので、思い立ったたらすぐに料理配信やプラモ作り配信ができるのでオススメです!



【おまけ】
100均のイヤホン・ヘッドホン・スピーカーをマイクにする。
結論から言うと100均のイヤホンをマイクにする事は可能、ただしそこそこお金がかかるので現実的ではない。
以下やりかた。(マイクにするとヘッドホン等が壊れる可能性があるので壊れても良いヘッドホン等でやりましょう)

[乗り越えないといけないハードル]
・ノイズ問題
・片手がふさがる問題
・ケーブル短すぎ問題

ノイズ問題は深刻で、PCのマイク端子直挿しだとノイズまみれで声は聞けたもんじゃないです。
ただしアマゾンでUSBサウンドカードが600円で売っているので、それを使えばノイズは軽減できる(と思います)

片手がふさがる問題は、イヤホンやヘッドホンなので、常に片手で持って口元あたりに持っていく必要がある為です。
これは洗濯バサミの外側に100均の耳掛けヘッドホンを両面テープでくっつけたら、ピンマイクにできます。

ケーブル短すぎ問題は、100均の音声延長ケーブルで解決です。


600+108+108+108+108=1032円 (参考:LOGICOOL C270 Amazonで1080円)

(USBサウンドカード+耳掛けヘッドホン+洗濯バサミ+両面テープ+音声延長ケーブル)


自分は3500円ほどのUSBサウンドカードでやってみましたが、わりと100均のヘッドホンでも聞ける音質でした。
もちろん普通のマイクと比べたらノイズも目立ち、音質のクリアさもないですが、ラジオ感があってこれはこれで味わい深いです。
残念なことにPC直挿しだと100均のマイクは「ビィーーーー」という耳障りな高音ノイズが入り、ノイズ抑制かけても消えませんでした。
3500円程のヘッドホンで試すとその高音ノイズはなくなるのですが、3500円あればそこそこのヘッドセットが買えますね・・・

つまり、100均のヘッドホンではUSBサウンドカードは絶対に必要でした。
ただ色々揃えると先程書いたC270とほぼ同額まで価格がはね上がります、意味ない!
当たり前ですが、C270のほうがノイズが少なく・音質もクリアで・ウェブカメとしても使えます!やったね!という感じなので
100均ヘッドホンはあまりオススメ出来ません、残念。

  • 最終更新:2017-06-04 06:29:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード