女の子になって配信する方法

[下書き]


女の子になる方法ってなに?、と思う方の為に説明すると
ウェブカメ+FaceRigというソフトで自分の表情の動きや口パクと、二次元の女の子(女の子以外もある)の表情・口パクを連動させて
さらにボイスチェンジャーも使うことによって、あたかも女の子が配信しているかのように配信することです。

なんで女の子で配信する必要があるの?という方の為の補足説明
基本的にマイク実況というのは恥ずかしいもので、配信者初心者には敷居が高いです。
字幕配信なら敷居は低くなるのですが、文字を打つにはコントローラーを置く→キーボードを打つという2ステップが必要で
さらにキーボードで文字をタイピングする時間も必要なので、どうしても時間がかかってテンポが悪くなってしまいます。

ボイチェンにすれば声が加工されて、配信者の個性が平均化するので恥ずかしさは薄れますが
どうしても個性が薄れる分、視聴者目線だと物足りない印象になってしまいます。

レス返しのテンポを重視しつつ、恥ずかしさを軽減し
ウェブカメ+FaceRigで画面の女の子と自分の表情を連動させることにより情報量を増やし
さらに画面に女の子を出すことによって、キャラクター性(個性)をつけることができます。
また、画面に女の子がでることにより脳内の補正機能が働き、ボイチェンの声が女の子の声と認識しやすくなる効果もあります。

決して変態的な意味で女の子になりたいわけではありません!!
えっ女の子になって配信するほうが恥ずかしいって? 気のせいだよ


また、どうしてもなんでも実況Vは男社会的な側面があるので女性配信者が配信しづらい環境にあります。
ボイチェンで男性声+FaceRigでイケメンや少年等にしたり
女性配信者が自分の声を少しだけ加工して女の子配信したり等、多少でも女性配信者が配信しやすくなればいいなとも思います。



[女の子になるまでの流れ]
ウェブカメラ (Logicool C270はAmazonで1,080円ほどで購入できます)
FaceRig (STEAMで購入できます、2017年6月の終わりからSTEAMサマーセールが開催されるので、多分600~700円くらいで購入できます、通常1,480円)
FaceRig用のアバター (表示されるキャラです、デフォルトを使ってもいいですし購入してもいいですし、ネット上にはアニメキャラ等も無料配布されてます)
MorphVOX Junior (フリーのボイチェンソフトです。無料版は設定が制限されていますが、頑張りで微調整可能です)
OBS Studio (配信ソフトです、他配信ソフトのKTEでは女の子になることができません)
ヘッドホン (スピーカーからゲーム音が流れていると、その音もボイチェンで加工されるので、マイクにゲーム音が入らないようにヘッドホンか、ヘッドセットが必要です)
実況するゲーム (フリゲでも、PCゲーでも、家庭用ゲームでもなんでもOK)

まず、こちらの7点は最低限必要です。
マイクに関してはC270に内蔵マイクがあってけっこう高性能なので、わざわざマイクを買う必要はないです。



基本は↓のサイトを見ながら、設定していきます。
中の人(二次元)になる方法【FaceRig × Live2D × Unity × OBS × AVVoiceChanger × 気合】
http://bit.ly/2nu4m76


[流れ]
上記7点を用意する

FaceRigの設定をする
 こちらのサイト様で詳しいアニメキャラの表情調整を解説されています(http://ch.nicovideo.jp/styleone/blomaga/ar950525

MorphVOX Juniorの設定(3種類の声色を選択できますが、Tiny Folksがオススメです。女性配信者はWomanかイケメンボイスで行くならManをオススメです)
 こちらのサイト様で詳しい設定解説をされています(http://vad.seesaa.net/article/147186484.html
 ※マイク音量が音割れしない程度に大きめのほうが良いので、マイクブーストがある場合はマイクブーストを音割れしない程度に上げておきましょう
 ※SoundSetteingの[Listen Delay(遅延)]ですが、あとでOBS側で映像でズレを直せるので左側MAXで大丈夫です。

OBS Studioの設定をしていきます
 参考サイト様ではOBS Classicですが、このWikiでは基本的にStudioを使用します。
 操作等はClassicもStudioもほぼ同じなので、だいたい分かると思います。
 OBS自体の設定がわからない場合は、左側に表示されているメニューの[OBSを使って配信する]を見ながら設定してください。

OBSでFaceRigの映像を取り込んで、背景のグリーンを透過(透明に)する
 FaceRigを起動します(背景グリーン、ブロードキャストに切り替えアイコンが光っているか確認すること)
 参考サイト様で「ビデオデバイス」となっているものは、Studioでは「映像キャプチャデバイス」で
 クロマキーはソースの「映像キャプチャデバイス」を右クリック→フィルタから設定画面へいけます。

OBSでMorphVOX Juniorの音声(加工した声)を取り込む
 MorphVOX Juniorを起動します。
 MorphVOX Juniorの音声を取り込む時は、ソースの「+」ボタンを押して、[音声入力キャプチャ]の[Screaming Bee Audio]を選択します。
 緑の音量レベルメーターが上下している場所の歯車マークをクリック→フィルタから[ゲイン(音量を上げる)]、[ノイズの抑制]から音量・ノイズの調整をしましょう。

OBSで画面調整して、女の子(FaceRig)・コントローラーと手・ゲーム画面の大きさ、配置を調整
 コントローラーと手があったほうが操作している感がでるのでオススメです。(こちらもクロマキーで背景のグリーンを抜きます)
 コントローラーと手はこちらからDLしてください。
 Gif版 http://download1.getuploader.com/g/beginnernanjitsu/14/Controller_to_Hand.gif
 mp4版 http://ux.getuploader.com/beginnernanjitsu/download/15/Controller_to_Hand.mp4

録画して声の演技の微調整を繰り返す
・ボイチェンは少し聞きづらくなるので、おっとりゆっくりしゃべる事を心がける
・不思議系というか、猫かぶった、ぶりっ子の演技で喋る
・練習あるのみ!




  • 最終更新:2017-06-04 10:28:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード