OBSで自分の回線を使って配信する方法


はじめに


自分の回線を使用しての配信とありますが、平たく言うと
自分専用の鏡置き場を作り、その鏡置き場を使って配信する方法です


配信アドレスが変わらない、好きな配信アドレスにすることも出来る、鏡置き場さんの鏡が満員でも配信できる
などのメリットがありますが、
ポート開放作業や、鏡ツールを起動させないと使えなかったり、回線が細いと収容人数が少なくなって
結局、鏡置き場さんを借りることになってしまうといったデメリットもあります。

なので、自分のルーターのポート開放の仕方が分からない人は
【鏡置き場さんから配信 (OBS)】 での配信をオススメします。





自分専用の鏡置き場をつくる方法



自分のルーターのポート開放をする


ルーターの型番 ポート開放」 等でググってポート開放のやり方を調べよう!
※ルーターごとにポート開放のやり方は違うので、必ず自分のルーターと同じ型番で調べましょう。



必要なソフトのダウンロード


鏡ツール(鏡置き場v2)
※v2.1.15をDLしよう
http://kgm.fam.cx/index.php?%B6%C0%C3%D6%A4%AD%BE%ECv2



鏡置き場v2の設定


その1


まず、鏡置き場の設定をする
左上の[設]ボタンから設定を開く

自分の回線を使って配信_1.png



その2


設定画面の[鏡置き場]タブから、
[鏡置き場としてHP公開する]にチェックを入れて
[HP待受ポート]の数字を確認する※
(自分専用の鏡置き場なので、ポート開放して、置き場として公開する必要はない)

自分の回線を使って配信_2.png



その3


設定画面の[適用]を押して[OK]なりで閉じたら、
接続する鏡ポートを選んで、左上は空欄のまま[接続]を押して、待機中になったらOK
同時に左下の[鏡置き場]ボタンを押す

自分の回線を使って配信_3.png



その4


その2の※でチェックした数字が80ならば、
ブラウザのURLに、[http://localhost:80/] を入力して置き場のページを開いて、
後は、【鏡置き場さんからの配信(OBS)】 と同じように設定すれば終わり
自分の回線を使って配信_4.png



  • 最終更新:2017-10-01 00:24:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード